医局・病院の辞め方

【医局を辞める切り出し方】いつ・どう伝える?注意点と準備すること

医師
医師
医局辞めたい!でもなんて伝えたら良いの?

辞める時の切り出し方は難しいですよね。

一応お世話になったから辞めるって言い出しにくいし、そもそも誰に何を言えば良いのかわからない…

伝え方に悩む医師は非常に多いです。

でも退局すると決めた以上、『辞めます』と伝えなくてはなりません。

では誰に、どのタイミングで、なんと伝えれば良いのか?

この記事では

医局を辞める切り出し方

を解説します。

誰に、どのタイミングで、なんと伝えれば良いのか?

”近い上司”から”半年前”に『辞める決心がついている!』と伝える

これが医局を辞めると伝えるときの3大原則です。

とりあえずこの原則を守って伝えれば、まず間違いありません。

りん先生
りん先生
3大原則を覚えておこう

では具体的な伝え方を見ていきましょう!

誰に伝えるか

近い上司から順に教授は最後

まずは近い上司から順に伝えます。

最初は部長や小チームのリーダーの先生です。

そのあと『医局長→教授』のように手順を踏みましょう。

いきなり教授に言いに行くのはおすすめしません。

『この件、〇〇部長は知っているの?』と混乱を招くからです。

そうなると部長にも迷惑がかかってしまいます。

伝える順番を守りましょう!

そしてアポイントを取り2人で話し合いの時間を設けてもらいます。

これはメールで伝えるのがおすすめです。

〇〇部長(先生)

平素よりお世話になっております。〈氏名〉です。

折り入ってご相談したいことがあるため、ご都合のよい時に少し時間をいただけないでしょうか。

お忙しい中のお願いで大変恐縮ですが、ご検討いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

〇〇科〈氏名〉

口頭で伝えると『用件は何?』とその場で聞かれる可能性があるし、上司も心の準備ができていません。

落ち着いて返信内容を考えられるようにメールを使いましょう。

どのタイミングで伝えるか

理想は辞める半年前

あなたが退局した後、その穴を埋めるために医局は人員を確保する必要があります。

『この病院に誰を派遣しようかな?』と考える猶予が欲しいですよね。

なので余裕を持って半年前に伝えるのが理想です。

りん先生
りん先生
計画的に退局を進め、”半年前”を目安に行動しましょう!

現実的には3ヶ月前まで

とはいえ、現実的に半年前に伝えられる人は少数です。

実際は次の転職先が決まっていなかったり、伝えにくかったりして半年前を逃してしまうこともあります。

でも大丈夫。

その場合は最低でも辞める3ヶ月前までを目指しましょう!

辞める時は引き継ぎや有給休暇の消化も考えなくてはなりません。

逆算して考えると3ヶ月前がデッドラインでしょう。

りん先生
りん先生
できるだけ余裕を持ってね!

なんと伝えるか

『辞める決心がついている』とはっきり伝える

大事なのは『すでに決心がついている』とはっきり伝えることです。

曖昧に伝えると妥協案を出されてやめられません。

医師
医師
辞めようか迷っていて…仕事が辛くて…
上司
上司
あ〜じゃあ他の病院に異動する?まあ考えておくから、もう少し今の病院で頑張ってくれない?

ズルズルと引きずってしまいます。

なので『辞めることは自分の中で決定事項です!今日はその意思を伝えにきました。』と、はっきり言うのがおすすめです。

  • 突然で申し訳ないのですが、家庭の事情で”医局を辞めようと考えており”時間をいただきました。
  • お時間を取っていただきありがとうございます。
    実は”退局を考えていて”、今日はその意思を伝えにきました。

お詫びの言葉や感謝の言葉を添えながら『辞めるつもりです。』と伝えましょう!

理由は引き止められにくいものがおすすめ

医局を辞めることを伝えると99.99%引き止められます。

なので辞める理由は『医局がどうすることもできない理由』がおすすめです。

  • 『夫(妻)の転勤に合わせて退局しようと思います』
  • 『子育てとの兼ね合いが大変なため医局を離れようと思います。』
  • 『両親の面倒を見る必要があり辞めるつもりです。』

揉めない理由のほとんどが”家族や家庭の事情”です。

こればかりは医局の力がどうにもなりませんからね。

医局を辞めたい医師へ【引き止められない理由30パターン公開】 医局を辞めたいと切り出すとき、理由に困る医師は多いです。 『本当は激務とか人間関係が嫌だけど、面と向かって言う...

医局の悪口は絶対言わない

めちゃくちゃ嫌な医局だったとしても、悪く言うのは避けましょう。

医師
医師
うおおおおおー!不当な扱いしやがって!!不満が溜まってんだよ!!

そう思うかもしれませんが、最後に悪いイメージを残すのは賢明ではありません。

一度はお世話になった医局だし、何より医療業界は狭いので悪評が立つようなことはしないほうが良いです。

りん先生
りん先生
自分の進路を守るためにも悪く言わない方が良いよ

批判したくなる気持ちをグッと堪えて『今までありがとうございました』と気持ちよく終わりましょう!

一人じゃ不安な時は転職エージェントに相談がおすすめ

勇気が出ない、伝え方に自信がない人は転職エージェントさんにアドバイスをもらうのがおすすめです。

転職サイトは新しい勤務先を斡旋してくれるだけでなく、今の勤務先を辞める手助けもしてくれます。

例えば、辞めると伝えるタイミングは『○月中に近い上司に伝えて、教授へのお話は△月中を目指しましょう』とスケジュールを考えてくれたり!

他にも、辞める理由を一緒に考えてくれることもあります。

転職のプロにいろんなノウハウが聞けますよ。

登録・利用は無料なので参考にしてみてください。

医師転職ドットコムで無料相談

医局を辞める切り出し方まとめ

辞める時の切り出し方を解説しました。

いかがだったでしょうか?

辞めるのを切り出すのってすごく勇気がいるしかなり大きな決断です。

でも勇気を振り絞って決断したその先には、新しい世界が待っています!

自分の進路に本気で向き合えば向き合うほど将来は楽しくなりますよ。

ぜひチャレンジしてみてください!

ABOUT ME
りん先生@麻酔科医
医局に属さない働き方をする20代女医。 常勤先1つ+非常勤2つを掛け持ちしつつ、スポットバイトも豊富に経験中。 医局を辞めたい若手医師のサポートを100件以上行ってきました! この経験があるからこそ伝えられる『医局や病院を辞めたいならすべきこと』、『バイトをする前に知っておくべきこと』を発信していきます!